外国人技能実習制度


 外国人技能実習制度の趣旨について

途上国の経済発展、産業復興のため、先進国の技能、技術、知識について諸外国の青壮年労働者を各業界に一定期間受入れ、技能を取得してもらう制度です。

 外国人技能実習生とは

集合研修(1ヶ月)、技能実習1号ロ(11ヶ月)、技能実習2号ロ(24ヶ月)、技能実習3号ロ(24ヶ月)の最長5年の期間、技能実習により修得した技能等が雇用関係の下、実践的に習熟できるように支援する制度です。

在留資格:1号 1年、2号 2年、3号 2年 最長5年

入国・在留手続
① 在留資格認定証明書の交付申請
② 査証(ビザ)の取得と上陸許可
③ 在留資格変更許可
④ 在留期間更新許可
⑤ 在留カードの交付

技能実習を実施できる職種
74職種133作業

在留期間
最長5年